私たちは皆様の健康づくり・健康管理に役立つことを願っています。

生活習慣病指導専門職セミナー

職域勤労者の健康管理や、地域住民の健康指導、および医療現場において生活習慣病やメンタルヘルスの相談・指導に従事している医療専門職を対象とした、非常に充実したカリキュラムのもとに行うセミナーを年間3~4回開催しています。
※セミナーに関するお問い合わせは当会企画室までお願い致します。
最近の開催内容
回数

 開催テーマ / 会場

内 容 講 師
45
2016.
11.2

テーマ:生活習慣病「予防と治療の未来」

会場:イイノホール(東京)

 「胃がんの予防・診断・治療」
 -がん死亡数第3位の胃がんで死なないために
 片井 均
 国立がん研究センター中央病院
 副院長 外科系部門長
 「糖尿病を防ぐ生活習慣・生活環境」
 -保健指導で糖尿病を防げるのか?
 大橋 健
 国立がん研究センター中央病院
 総合内科・歯科・がん救急科 科長
 「こころの健康学」
 大野 裕
 (一社)認知行動療法研修開発センター
 理事長
 「健康長寿の食事」
 -体にも、生活にも、地球にも優しい食事とは
 中村 丁次
 神奈川県立保健福祉大学
 学長
44
2014.
9.25

テーマ:糖尿病とがん

会場:グランキューブ大阪(大阪)

 「全体構成の説明」-糖尿病とがん-
 片井 均
 国立がん研究センター中央病院
 副院長 外科系部門長
 「糖尿病とがんの危険な関係」
 -生活習慣改善の「一石二鳥」効果とは
 大橋 健
 国立がん研究センター中央病院
 総合内科・歯科・がん救急科 科長
 「糖尿病と臓器障害」
 -より安全ながん治療を受けていただくために
 細井 雅之
 大阪市立総合医療センター
 糖尿病・内分泌センター 部長 糖尿病内科 部長
 「膵がん」
 -診断と治療
 中森 正二
 国立病院機構 大阪医療センター
 副院長
43
2014.
7.24

テーマ:職場のメンタルヘルス

会場:イイノカンファレンスセンター(東京)

 「活動スケジュールとコラムとを使った心の活性化」
 大野 裕
 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
 認知行動療法センター センター長
 「産業保健スタッフの臨床技術を考察する」
 -職域メンタルヘルスにおける"CERM model"の活用
 宇都宮 健輔
 株式会社東芝 
 本社診療所 主査産業医
 「うつ病の診断と見立て」
 中川 敦夫
 慶應義塾大学 医学部
 クリニカルリサーチセンター 特任講師
42
2014.
3.12

テーマ:生活習慣病指導の実践

会場:イイノカンファレンスセンター(東京)

 「政府戦略:データヘルスを活用する時代」
 -データに基づく保健指導の最前線
 古井 祐司
 東京大学政策ビジョン研究センター
 健康経営研究ユニット 特任助教
 ヘルスケア・コミッティー(株) 代表取締役会長
 「その気にさせる運動療法のコツ」
 -モチベーションアップのために必要な運動支援
 星野 武彦
 太田西ノ内病院
 運動指導科 科長
 「やる気を引き出す保健指導10のコツ」
 -コーチングと動機づけ面接のエッセンスから
 大橋 健
 国立がん研究センター中央病院
 総合内科・歯科・がん救急科 科長
41
2013.
10.3

テーマ:糖尿病とがん

会場:イイノカンファレンスセンター(東京)

 「全体構成の説明」-糖尿病とがん-
 片井 均
 国立がん研究センター中央病院
 外科系部門長
 「糖尿病とがんの危険な関係」
 -生活習慣改善の「一石二鳥」効果とは
 大橋 健
 国立がん研究センター中央病院
 総合内科 科長
 「糖尿病と腎障害」
 -より安全ながん治療を受けていただくために
 松浦 友一
 国立がん研究センター中央病院
 総合内科 医長
 「膵がん」
 -診断と治療
 島田 和明
 国立がん研究センター中央病院
 肝胆膵外科 科長
40
2013.
6.20

テーマ:メンタルヘルスと生活習慣

会場:イイノカンファレンスセンター(東京)

 「認知療法・認知行動療法とコラム」
 大野 裕
 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
 認知行動療法センター センター長
 「コラム(自動思考記録表)の演習」
 田島 美幸
 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
 認知行動療法センター 臨床技術開発室長
 「メンタルヘルス対策:うつ病の予防、対応、支援」
 中川 敦夫
 慶應義塾大学 医学部
 クリニカルリサーチセンター 特任講師
39
2013.
3.15

テーマ:生活習慣病指導の実践

会場:ブリーゼプラザ・小ホール(大阪)

 「糖尿病の予防と治療の最前線」
 河盛 隆造
 順天堂大学大学院教授
 (文科省事業)スポートロジーセンター長
 「健康づくりのための正しい食事」
 -行動変容を促すために
 中村 丁次
 神奈川県立保健福祉大学
 学長
 「健康日本21(第2次)の身体活動・運動
分野の目標とその達成のためのアクション」
 宮地 元彦
 独立行政法人国立健康・栄養研究所
 健康増進研究部 部長
38
2012.
10.4

テーマ:がんと生活習慣

会場:六本木アカデミーヒルズ49・タワーホール(東京)

 「全体構成の説明」-がんと生活習慣-
 片井 均
 国立がん研究センター中央病院
 上部消化管外科 科長
 「がん治療に新しい流れをもたらす抗がん剤の基礎知識」
 -分子標的薬の治療効果と副作用
 田村 研治
 国立がん研究センター中央病院
 通院治療室 医長
 「胃がんの予防とピロリ菌」
 小田 一郎
 国立がん研究センター中央病院
 消化管内視鏡科 医長
 「がん検診の予防効果」
 -がん検診受診率向上を目指して
 村松 幸男
 国立がん研究センター中央病院
 がん予防・検診研究センター 検診開発研究部 部長
37
2012.
8.1

テーマ:メンタルヘルスと生活習慣

会場:六本木アカデミーヒルズ49・タワーホール(東京)

 「うつ病の診断と治療、対応」
 中川 敦夫
 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
 トランスレーショナル・メディカルセンター
 臨床研究教育研修室 室長
 「てんかんの診断、治療、生活指導」  武井 茂樹
 慶應義塾大学病院 中央臨床検査部
 神経機能検査室 室長
 「認知療法:心のスキルアップトレーニング」  大野 裕
 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
 慶應義塾大学教授 保健管理センター
 「職場のメンタルヘルス支援」
 -復帰支援における認知行動療法の活用
 佐渡 充洋
 慶應義塾大学医学部
 精神・神経科学教室 助教
36
2012.
3.16

テーマ:生活習慣病指導の実践-2

会場:六本木アカデミーヒルズ49・タワーホール(東京)

 「糖尿病の予防と治療の最前線」
 河盛 隆造
 順天堂大学大学院教授
 (文科省ハイテクリサーチセンター事業)
 スポートロジーセンター センター長
 シンポジウム
「効果的な保健指導のポイント」
 -生活習慣改善の開始と継続は可能なのか?
【司会】
 村田 陽子
 (有)ビーイングサポート・マナ 代表取締役 保健師
 「シンポジウム全体構成について」

シンポジスト】
 大木 麻里子
 パナソニック(株)
 東京パナソニックビル健康管理室 保健師
 「自ら考え、自ら決めるをサポートする」

 京須 薫
 (有)ビーイングサポート・マナ 管理栄養士
 「成功事例と失敗事例から見えること-
 現場からの報告」

 小城 登智子
 九州電力(株)鹿児島支社人事労務部 保健師
 「定期健診後全員面談から次につながること」
35
2011.
10.07

テーマ:生活習慣病指導の実践-1

会場:六本木アカデミーヒルズ49・タワーホール(東京)

 「食生活指導の実践」
 中村 丁次
 神奈川県立保健福祉大学
 学長
 「健康長寿を目指すカロリー制限の実践」
 古家 大祐
 金沢医科大学
 糖尿病・内分泌内科学教授
 「健康長寿を目指す運動指導の実践」
 宮地 元彦
 独立行政法人国立健康・栄養研究所
 健康増進研究部 部長
34
2011.
7.28

テーマ:がんと生活習慣

会場:浜離宮朝日ホール・小ホール(東京)

 「全体構成の説明」
 片井 均
 国立がん研究センター中央病院
 消化器腫瘍科 上部消化管外科 科長
 「がんの原因と予防」
 津金 昌一郎
 国立がん研究センター
 がん予防検診研究センター 予防研究部 部長
 「新しい乳がんの診断と治療法」
 鈴木 純子
 国立がん研究センター中央病院
 乳腺科・腫瘍内科乳腺外科
 「がん検診の最新情報」
 村松 幸男
 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター
 検診開発研究部 部長
33
2011.
6.22

テーマ:メンタルヘルスと生活習慣

会場:六本木アカデミーヒルズ49・タワーホール(東京)

 「うつ病の診断と治療、対応について」
 中川 敦夫
 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
 トランスレーションメディカルセンター
 臨床研究支援室
 「日常に応用できる認知療法」
 -認知療法活用サイトの活用を含めて
 大野 裕
 慶應義塾大学教授
 保健管理センター
 「職場における復帰支援プログラム」
 -再発のリスクも踏まえて
 佐渡 充洋
 慶應義塾大学
 医学部精神神経科学教室
32
2010.
10.15

テーマ:生活習慣病指導の実践-2

会場:六本木アカデミーヒルズ49・タワーホール(東京)

 「エビデンスに基づいた栄養食事指導」
 中村 丁次
 神奈川県立保健福祉大学
 保健福祉学部学部長
 「日本の予防医学が変わる時代」
 古井 祐司
 東京大学医学部附属病院
 ヘルスケア・コミッティー(株) 代表取締役
 「メタボリックシンドロームを予防・改善する運動・身体活動」
 宮地 元彦
 独立行政法人国立健康・栄養研究所
 運動ガイドラインプロジェクトリーダー
31
2010.
8.21

テーマ:生活習慣病指導の実践-1

会場:六本木アカデミーヒルズ40・キャラントB(東京)

 「新しい糖尿病診断基準をめぐって」
 -2型糖尿病の予防と治療を考える
 田中 逸
 聖マリアンナ医科大学
 代謝・内分泌内科教授
 「糖尿病の運動療法」
 -異所性脂肪「脂肪筋」って何?
 田村 好史
 順天堂大学 内科学代謝内分泌学講座
 スポートロジーセンター准教授
 「大災害に備えて」
 -私たちの果たすべき役割
 八幡 和明
 長岡中央総合病院副院長
 内分泌・代謝内科
30
2010.
3.24

テーマ:メンタルヘルスと生活習慣

会場:浜離宮朝日ホール・小ホール(東京)

 「うつ病の診断・治療のアップデート」  中川 敦夫
 慶應義塾大学
 医学部 精神神経科学教室
 「認知療法の基礎を学ぶ」
 -コラムを使ってみよう
 大野 裕
 慶應義塾大学 教授
 保健管理センター
 「産業場面のメンタルヘルス対策」
 -復帰支援を中心に
 佐渡 充洋
 慶應義塾大学
 医学部 精神神経科学教室
29
2009.
10.2

テーマ:生活習慣病指導の実践-2

会場:浜離宮朝日ホール・小ホール(東京)

 「効果的な食事・栄養指導の方法」  中村 丁次
 神奈川県立保健福祉大学 教授
 保健福祉学部 学部長
 「健康行動変容:始める・続ける・逆戻りを予防する」
 -三日坊主を克服させる知恵
 竹中 晃二
 早稲田大学
 人間科学学術院 教授
 「生活習慣病予防対策における保健指導の可能
  性」
 -健診結果をもとにした保健指導の実際
 野口 緑
 尼崎市 環境市民局市民サービス室
 健康支援推進担当課長 保健師
28
2009.
7.31

テーマ:生活習慣病指導の実践-1

会場:浜離宮朝日ホール・小ホール(東京)

 「メタボリックシンドロームと2型糖尿病」」
 -新しい視点と指導のポイントを考える
 田中 逸
 聖マリアンナ医科大学
 代謝・内分泌内科教授
 「糖尿病の合併症としての歯周病」
 -糖尿病管理の一環としての歯周病管理の
      重要性
 西村 英紀
 広島大学 大学院
 医歯薬学総合研究科 健康増進歯学分野教授
 「脳卒中と生活習慣病」
 -脳卒中予防における危険因子管理の重要性
 卜部 貴夫
 順天堂大学
 医学部 神経学講座 先任准教授
生活習慣病指導専門職セミナー

一般財団法人 日本健康文化振興会 企画室

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1丁目14番1号 TEL:03(3316)1383 FAX:03(3316)5261

Page Top